robots.txtによるブロックのエラー

2017/07/06

Search Consoleにいつもと違うメッセージ

 

スポンサーリンク

 

突然現れた、赤と黄のビックリマーク!何事かと良く見てみることに。

赤:URLウェブサイト
黄:プロパティーの健全性に重大な問題が発見されました。

はっきり言って意味が分かりません。重大な問題が起きている事態をお知らせ下さった事に対しては、大変有難いのですが、もっと分かりやすく説明頂けるといいのですが・・・。

 

対処法

実際にやってみた事をそのまま載せてます。参考までに・・・。

検索結果に表示されないとき(Search Console)

プロパティの健全性の確認

まず、「プロパティの健全性の確認(青文字)」をクリックしてエラー内容を確認します。

070901

この場合は、「robots.txtが重要なページをブロックしている」という事らしいので、「robots.txt」の確認に行きます。

 

robots.txtの確認

「▼クロール」-「robots.txtテスター」で確認します。

robots.txtとは、検索エンジンロボット(クローラー)に対する命令をするためのファイルです。

クローラーについてわかりやすい説明はこちら

ロボットはURLをたどりながら、ネット上にあふれている情報を集めて持ち帰り(クロール)検索エンジンに貼りつける(登録される)のです。登録されると検索画面に表示されるという仕組みになっています。

通常はサイトなどを公開しているので、クローラーをブロックする必要はないのですが、検索結果としては表示したくないときなどにこのrobots.txtを使用してその指示を出します。

070902

今回この画面ではブロックの指示なども出しておりませんし、図下の方のエラー数(赤)と警告数(黄)はどちらも「0(ゼロ)」だったので、次のところを確認に行きます。

(なみに、seesaaなどの場合は、管理がseesaaになるかと思います。その場合は個人でこの画面を編集することは出来ません。自身で何度か試してみましたが不可能でした。)

 

検索エンジンでの表示

(wordpress)
ブロックではないのなら、そもそもサイト自体の登録が拒否されているのかもと思い、検索エンジンでの表示を確認しました。
「ダッシュボード」-「設定」-「表示設定」-「検索エンジンでの表示」
検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする場合は、チェックを入れます。

070903

インデックスをさせたいので、チェックが外してあることを確認します。
どうやらここも問題ないようでした。
では、次にサイトマップを見てみましょう。

 

サイトマップの詳細

「▼クロール」-「サイトマップ」でサイトマップの詳細を見ることが出来ます。

07090004

なにやら警告が・・・(汗)・・・でも、落ち着いて。
「URLがrobots.txtによってブロックされ、サイトマップにはURLがrobots.txtによってブロックされているURLが含まれています。」
またもや分かりにくい文章ですね。わかる人にはわかるんでしょうけど。結局、最初に「プロパティの健全性の確認」の時と同じ内容のメッセージでした。当然、画面の確認ばかりで何もしていないので、改善しているわけもなく・・・。

 

サイトマップを更新

(wordpress)
「ダッシュボード」-「All in One SEO」-「XMLサイトマップ」-「サイトマップのステータス」この中にある「サイトマップを更新」をクリックすると、更新されます。

 

サイトマップの送信

「▼クロール」-「サイトマップ」でサイトマップの画面が出ます0709006

右上の赤い四角「サイトマップの追加/テスト」をクリックして下さい。
空白に「sitemap.xml」(鍵かっこは不要)を入力し「送信」をクリックします。

 

 

エラーが消えた

少し時間をおいてサイトマップの詳細を確認してみると、
エラーの詳細:エラーは見つかりませんでした。

0709007

やったー!実は、詳しいことはイマイチ良くわからないのですが、うまくいったようです。送信の割にインデックスが少ないのは気になりますが、今回はエラーが改善したので良しとします。毎日が勉強ですね。

スポンサーリンク

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

-4.robots.txtによるブロックのエラー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。