検索結果に表示されないとき(Search Console)

2018/09/27

公開しているのにブログを見てもらえない

 

ブログを立ち上げ、記事数も少しずつだけど増えてきました。記事数が増えてくると気になる事、それは今日、何人の方に見てもらえただろうか?ということですよね。

しかしなぜだかサイトを訪れてもらえないのです。おかしいと思い、自分で自分を検索してみたところ、なんと、検索結果に自分のブログは全く出てこないではありませんか?

しかも、

URLで検索をしているのに、”該当なし”とは一体どういう事なのでしょうか。

URLは、ネット上の住所です。
住所が分かるのなら来れるじゃない?

と思うのですが、違うのです。あなたのブログ(サイト)は、まだ出来たてのホヤホヤ、だから、まだ「道」が無いのです。

 

スポンサーリンク

 

わかりますか?

URL、つまり住所はあっても、そこに行くための「道」が無いのです。
だから、あなたのサイトには誰も来れないのです。

 

それじゃ、「道」を作ればいい!
「道」が出来れば、サイトに来れるでしょ。

そう、それはつまり、検索結果に表示されるという事ですね。
では、そのためには、どうしたらいいでしょうか?

 

 

巡回ロボット(クローラー)

 

地球

 

巡回ロボット(クローラー)とは

私はここよ!○○の情報はここにあるわよ!

早くご自分のブログをたくさんの方に見て欲しいあなた、早速、巡回ロボット(クローラー)にお越しいただきましょう。

えっ、来てもらうってロボットに?

そうです。
ネット上を巡回して情報集め(クロール)しているのが、巡回ロボット(クローラー)です。あなたのサイト(URL:住所)にある、Web情報などをロボット(クローラー)に持ち帰ってもらいましょう。

今、「持ち帰る」って言いましたよね。

どこへ?

ロボットにおうちでもあるのでしょうか?

 

検索エンジン?

 

クローラーは持ち帰ったWeb情報などを、検索エンジン(巨大地図のようなイメージ?)に貼りつけます。ちなみに、検索エンジンに情報が貼られることを、インデックスといいます。

私なりの解釈イメージとしては

「○○町1丁目2番33号」には「アドセンス申請方法」の情報があるよ、という感じです。

つまり、

 

≪「Webサイト情報」を持ち帰り、検索エンジンにインデックスする事≫

 

これが、終わると検索結果に表示されるんですね。

では、そういう事で早速「検索エンジンにインデックスさせる方法」をやってみましょう。

この方法には、手順が二つあります。

 

一つ目が、このサイトは、間違いなく「自分のもの(所有権)」という確認。

二つ目が、所有権が確認されたサイトに、巡回ロボット(クローラー)を呼ぶ事。

 

そして、検索されるようになったのか確かめたいというときの方法を書いていきますよ!

 

Webマスターツールに登録しよう

 

1.Search Consoleに登録(Google アカウントが必要)
Webマスターツール に接続します。

 

5.Google アカウントの取得

 

2.「Webマスターツールにログイン」をクリックして下さい。

 

3.サイトのドメインを入力し、「サイトを追加」をクリックしましょう。

 

 


4.このような画面になります。別な方法(赤枠)をクリックしてみましょう。

 

20160622

 

 


5.所有権を確認するための方法として4つあります。今回は、一番上の「HTMLタグ」で行っていきますので、これをクリックしてください。

2016062202

 


6.metaタグをコピーしてサイトに貼りつけるように指示が出ます。

 

2016062203

 

[補足]

seesaaブログの貼り付け位置
「設定」-「外部連携」-「ウェブマスターツール向け所有権確認用タグ」の上の欄「Google google-site-verificationタグ」にコピーしたmetaタグを貼り付けて「保存」をしてください。

wordpress
「外観」-「テーマの編集」-(編集するテーマの選択)-「ヘッダー:header.php」クリックーする→<head>~</head>の間にコピーしたmetaタグを貼りつけて「更新」してください。

はてな
「ダッシュボード」→「設定」→「詳細設定」-「Google Search Console」の欄にコピーしたmetaダグを貼り付けて「変更する」をクリックしてください。

 


7.サイトへの貼りつけが完了したら、上記6の画面の「確認」(赤い四角ボタン)をクリックしてください。

 


8.無事に所有権が確認されるとこのような画面になりますので、「続行」をクリックしてください。Search Consoleのホーム画面に移動します。
複数のサイトを登録したい場合は、ホーム画面の「プロパティーを追加」から同じ行程で追加することが出来ます。尚、この画面は、ブックマークしておくと便利です。

 

2016062204

巡回ロボット(クローラー)を呼ぶサイトマップの追加

 

it

 

サイトマップを作成し、クローラーに来てもらえるようにしましょう。

1.Search Consoleのホーム画面からスタートです。

2.クローラーを呼ぶサイトURLをクリックしてください。

3.左側の「▼クロール」-「サイトマップ」の順にクリックすると、下のような画面になります。

 

2016062206

 

[補足]

①右のほうにある「サイトマップの追加/テスト」をクリックすると、URLの入力欄が上記画像のように出てきます。
②初めからご自分のURLは入っているので、隣の四角スペースに「sitemap.xml」と入力してください。ちなみに私のこのサイトの場合は「http://hiro-ado.com/sitemap.xml」となります。
③「送信」をクリックしてください。

 


4.送信した結果が、上記3の図のように、グラフと状況が表示されます。送信したばかりの時点では、グラフは青(送信)のみ、表の「送信」欄は保留となっていると思います。

クローラーが持ち帰り、検索エンジンにインデックスされるとその件数が後で表示されるようになりますので、少し時間をおいて確認してみて下さい。

ここでのエラーについての対処はまた別に掲載していきたいと思います。

 

自分のサイトが検索可能か確かめる

 

とても簡単に確かめることが出来ます。

Googleの検索窓に

「site:ご自分のドメイン」→http://は不要です。

(例)site:hiro-ad.com

検索結果に表示されていれば、あなたのサイトはインデックスされているという事になります。

 

スポンサーリンク

 

Google Search Console とは何なのか?

 

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

Googleが無料で提供しているサイトの管理・解析ツールです。ちなみに2015年5月以前は、ウェブマスターツールという名称でした。

 

サイトをGoogleの検索結果に表示させるようにするために、わざわざSearch Consoleに登録する必要はないそうです。

ではなぜ登録するのでしょうか?

・登録することでサイトがGoogleにどのように認識されるかを確認できる。

・検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できる。

利用者にとってメリットしかないように思えるこの便利機能を十分に使いこなせるようになりたいものです。

 

Google Analytics

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

-1.検索結果に表示されない時(Search Console)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。