サイトマップのインデックス登録済み件数が保留の場合

2017/07/06

スポンサーリンク

サイトマップの現状

最近、Google Search Console のサイトマップを確認すると送信件数は表示されるものの、インデックス登録済み件数は表示されず「保留」と表示されていました。グラフについても青グラフは表示され、赤グラフは表示されないという状態。ここはwordpressを使用しています。

091310ちなみに別ブログも同じくwordpressを使用していますがこちらは問題なく、インデックス登録済み件数もグラフも表示されています。

 

プラグイン

調べていくと、どうやらプラグインのひとつ、Google XML Sitemapsのバージョンによるものではないかという事が分かってきました。ただ、先にも書いたように、別ブログでは正常に動いていると思われるため、はっきりしない不明な部分があります。もしかしたら使用しているテーマやプラグインをそれぞれのブログで異なるものも使用していますので、その相性などの影響もあるのかもしれません。
とにかく、もしかしたら修正されるかもしれないという可能性がある以上バージョンの変更を試してみようかと思いました。

 

ダウングレードとは

Google XML Sitemapsの現時点での最新のバージョンは4.0.8です。このバージョンが4.0以上の場合、不安定さやインデックス送信件数ゼロ、保留などになる不具合が生じることがあるそうです。その場合は現在の4.0以上のものを以前のバージョンである3.4.1にすることで解消されることもあるようです。(最新のバージョンでも問題なく作動していればそれに越したことはないと思います。)早速、バージョンを古いものに変えるバージョンのダウングレードを試してみたいと思います。

091302

Google XML Sitemapsのバージョンを確認しましょう。
上記の画面より現在のバージョンは、4.0.8になっているのが分かります。

 

Google XML Sitemapsダウングレードの手順

 

1.プラグインGoogle XML Sitemaps「4.0.8」を「停止」します。その後「削除」を選択します。

 


2.古いバージョン「3.4.1」をダウンロードします。

091303

091304

[補足]

Google XML SitemapsのサイトURL(上記画面)
・上記画面の「開発情報」タブの「他のバージョン」から「3.4.1」を選択

 


3.プラグインへ「3.4.1」を「新規追加」します。

091306

091305

[補足]

・「プラグイン」→「新規追加」→「プラグインのアップロード」→「ファイルを選択」→「今すぐインストール」

 


4.プラグインの有効化をクリックします。

091307

 


5.設定の一番下にある「設定をリセット」をクリックします。

091308

 


6.設定の上の方の文面中にある「サイトマップを最構築する」をクリックします。その後、一番下にある「設定を更新」をクリックして更新します。

091309

 


7.これで、ダウングレードは終了です。作業終了後、サイトマップを送信して更新した直後の画面です。

091310

 

まとめ

インデックスに登録済み件数は相変わらず、保留ですが、登録されるまで時間がかかる事もあるようなので、しばらく様子を見てみたいと思います。

スポンサーリンク

追記:今回のダウングレードの結果報告はこちらに掲載しました!

http://hiro-ad.com/indekkusuhoryuu2/

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

-3.サイトマップ①インデックス登録数が保留のまま

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。