Google Analytics

2017/07/06

Analyticsとは

Google Analyticsとは、高度なアクセス解析が出来る、無料ツールです。

スポンサーリンク

 

アクセス解析でわかること

アクセス解析で何が分かるのでしょうか?

例えば・・・

  • サイトに来た人は何人か
  • いつ来たのか
  • 何回目の訪問か
  • 滞在時間
  • どうやって自分のサイトにたどり着いたか
    (検索キーワードやソーシャルネットワークなどからなど)
  • 注目されている記事はどれか
  • 閲覧者はどうのようなOSを使っサイトに来ているのか?

・・・など

このように様々な事がわかりますし、さらにもっと細かくデータを分析し読み取り、対策などを見出すことも可能なようです。

グラフ1

使いこなす為にはまず設定してみること

とっても便利そうですが、私も含め、初心者では今日明日使いこなすという事は大変難しいことです。

でもだからといって、ただ説明文をひたすら読んでもわかりにくいですし、早く覚え活かしてていくためには、実際に画面を見て操作しながらが一番いいのではないかと思います。

そしてこのブログは、ブログ作成が初めての方でもわかるように書いております。難しい事は略し、このページでは「Analyticsを設定すること」についての手順説明となります。

 

Analytics設定手順

Analyticsを利用するためには、Googleアカウントが必要となりますので、取得がまだの方は取得しておきましょう。

5.Google アカウントの取得


1.Google Analyticsにアクセスしましょう。Google Analytics

 


2.下記のような画面が出るので「アカウントを作成」をクリック070501

 


3.Googleアカウントのログインの画面が出ます。

既に取得済みの方はそのアカウントとパスワードを入力してください。複数のアカウントをお持ちの場合は、Analyticsで使用するアカウントを選択しパスワードを入力します。アカウント未作成の場合はこの画面から取得を促されますので、取得しましょう。

 


4.Googleアカウントにログインすると下記のようにAnalyticsの申し込み画面になりますので、「お申し込み」をクリックします。070502

 


5.申し込み内容の入力画面になります。一緒に入力箇所を確認していきましょう。

070503

[補足]

  • トラッキングの対象→PCの場合は「ウェブサイト」を選択
  • アカウント名→名前の入力
  • ウェブサイト名→例えば、サイト名やブログ名などを入力
  • ウェブサイトURL→サイトアドレスを入力(このサイトの場合は「hiro-ad.com」)
  • 業種→▼をクリックして選択
  • レポートのタイムゾーン→▼をクリックして、「日本」を選択

070504入力が終わったら、画面を下の方にスクロールして、「トラッキングIDを取得」をクリックします。(データ共有の設定はそのまま何もしなくてもOKです。)

 


6.Googleアナリティスク利用規約の画面になります。

左上の国名「アメリカ合衆国」を「日本」に変更してください。規約内容を確認した上で、(規約内容の下にある)「同意する」をクリックします。

 


7.Google Analyticsのドッキングコード画面が表示されます。

070505

[補足]

Google Analyticsでアクセス解析したいサイトやブログにこの「トラッキングID」を貼りつけることで、簡単に解析情報を得ることが出来ます。「トラッキングID」は上記図の①になります。

 

seesaaの場合

seessaではトラッキングコードは、ユニバーサルアナリティスクのトラッキングコードとなっておりますので、上記図の「②」のコードをコピーして貼り付けます。
「設定」→「外部連携」→「アナリティスク連携(Google Analyticsトラッキングコード)」→貼り付け→「保存」

 

wordpresseの場合

プラグイン「All in One SEO」使用の場合

上記図の「①」のコードを貼り付けます。「Google設定」→「Googleアナリティスク:ID」→貼り付け→「設定を更新」

 

はてなブログの場合

上記図の「①」のコードを貼りつけます。
「ダッシュボード」→「設定」→「詳細設定」→「解析ツール:Google Analytics埋め込み」→貼り付け→「変更する」

 

スポンサーリンク

 

まとめ

アナリティスクの設定は、簡単に設定でき無料な上に、様々な情報を得ることが出来るとても利用価値の高い解析ツールだという事が言えます。これで、実際に自分のサイトの情報をグラフや数字で見ながら学んでいくことが出来ますよね。少しずつ活かしていければと思います。

検索結果に表示されないとき(Search Console)

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

-3.Google Analytics

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。